従来のAIのデメリット

産業の分野でも使いたい

従来の機械学習だけができるAIは、石油やガス産業、さらに製造業で活用できると期待されていました。
しかしこのようなAIには、ブラックボックスという独特の性質があります。
重要なシステムに不具合が生じる可能性がゼロではないため、不具合が絶対に許されない産業や製造業では使用されませんでした。

ただそこで、AIの活用を諦めたわけではありません。
何とか産業や製造業でも使えるようにと誕生したのが、ハイブリッドAIです。
ハイブリッドAIなら精度がかなり高くなっており、使っても重要なシステムにエラーが起こる可能性はありません。
ハイブリッドAIのおかげでAIの活躍できる場面が広がり、実験を繰り返しながら実用化に向けて努力されています。

複雑な物理学を使っている

物理学に基づいて、現在はハイブリッドAIのモデリングが進められています。
まず1つが、業界を超えて試行や実証がされており、人間たちの生活に欠かせない様々なアプリにも対応できるようになっています。
さらにハイブリッドAIにも不確実性はありますが、考えられる事例を広い範囲まで検証しています。
この結果から万が一トラブルが起こっても、ハイブリッドAIが自分で対処法を考え、被害がそれ以上大きくなることを食い止められます。

さらに限られた実験データだけを使って、校正や検証が可能となりました。
難しい分野の話ですが、ハイブリッドAIは人間にとって必要なシステムです。
ですからこれまで知らなかった人も、情報を集めてみましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top